MENU

虫歯によって起こる口臭の対策とは?!

虫歯を痛がる女性

 

虫歯になっていても痛くないからと気づかず、放置していませんか?

 

虫歯になると痛いだけでなく、
口臭も発生させてしまいます。

 

もし口臭が気になっているのなら虫歯の進行が原因かも知れません。

 

気けば自分の評判と歯が悪くなってしまっていた。

 

そんな事にならないように歯医者さんに聞いてみた虫歯と口臭の対策についてご紹介します。

 

なぜ虫歯になるのか?

虫歯の口の中

 

生まれたての赤ちゃんに虫歯菌はいません。

 

虫歯になる人は虫歯菌を持っている人の唾液が
赤ちゃんの口に入る事によって移ってしまいます。

 

赤ちゃんには歯が無い為、ごはんを食べさせるの
に口移しやスプーンなどを介して菌がうつります。

 

父親から約30%、母親からは約50パーセントが
原因で赤ちゃんに菌が移るといわれています。

 

歯の中には様々な菌がいますが、虫歯を作る菌には、
Sミュータンス菌、Sソブリナス菌、ラクトバチラス菌の3大虫歯菌があります。

 

これらの菌は連携する場合があり、
それぞれの役割を簡単に説明しますと▽

 

@Sミュータンス菌が最初に酸を作って歯をもろくして穴をあけます。

 

ASソブリナス菌がその中に住みついて酸を出し、更に歯に穴をあけます。

 

Bラクトバチラス菌が不溶性グルカンという
ネバネバの物質をだし、バイオフィルム(細菌が住める環境の事)
を形成させ細菌を歯に定着させます。

もちろん酸を出して歯を溶かていきます。

 

この菌の連携が虫歯を作る原因です。

 

歯には再生能力がありますが、
菌の作用が上回ると虫歯になっていきます。

 

菌による口臭のメカニズム

 

 

虫歯になると色々な理由で口臭の原因となります。
口臭が発生する順に述べていきます。

 

@菌が食べ物のカスを食べると酸と
食べ物のカスの腐敗臭=揮発性硫化化合物
というもの作り、これが口臭になります。

 

A虫歯菌や歯周病菌の塊である歯垢が
溜まって口臭を発生させる。

 

B虫歯が歯を溶かし、神経まで到達すると
神経を腐らせこれが口臭になる。

 

C差し歯の中で再び虫歯が進行し、
歯根周辺を腐らせる為、膿などの臭いを発生させこれが口臭になる。

 

D虫歯治療後、歯に被せた上物が合って
ないとその隙間に菌が溜まり口臭になる。

 

口臭の対策

虫歯を治療する女性

 

虫歯が原因の口臭対策はもちろん虫歯にならない事です。

 

対策としては歯磨きなど基本を守る事が重要になります。

 

簡単に出来る順から対策を挙げていきます。

 

尚、虫歯と歯周病は別物ですが、
歯周病は口臭の大きな原因となっています。

 

虫歯も歯周病も予防は同じなので合わせて
対策していきたいと思います。

 

@歯磨きをする時はフッ素入り(酸に溶けにくい歯質にする)
歯磨き粉を使い、歯ブラシは鉛筆を持つ様にして磨きます。

 

しっかり磨いて歯垢を取りますが、強く磨きすぎると歯が
削れてかえって虫歯になりやすくなるので注意が必要です。

 

Aバイオフィルムを歯磨きで取った後にマウスウォッシュで殺菌する。 

 

B歯垢を落とす為、歯間ブラシやデンタルフロスを使います。
歯磨きだけでは約60%、これを使う事で80%近く
歯垢を落とせます。

 

Cキシリトールのガム等を食べ、菌の活動を抑える。
キシリトールが50パーセント以上配合されているものが良い。

 

D通常の歯磨きの後にヨーグルトで歯を磨く。
以外ですが最近、虫歯菌を80%近く減らす効果が分かってきています。

 

E歯医者さんで唾液の検査を受け虫歯になりやすい唾液かどうか診てもらう。

 

 

まとめ 

虫歯治療する女性

 

虫歯と口臭には密接な関係があります。

 

虫歯を予防する事は口臭を予防する事であり、
他の病気も予防する事につながります。

 

基本は歯付いた食べ物のカスをしっかり落とす事です。

 

これらの対策を参考にして頂き、口臭予防に役立てて下さい。

 

口臭対策グッズの体験レポ【サプリ編】

口臭対策グッズの体験レポ【洗口液編】

口臭対策グッズの体験レポ【歯磨き粉編】

口臭対策グッズの体験レポ【その他】

カテゴリー別口臭対策グッズランキング

口臭対策グッズに関する豆知識

口臭対策自体に対する豆知識

このページの先頭へ